夏にはこれを食べよう!~しっかり食べて夏バテ知らず~

もうすぐ本格的な夏が始まりますね!暑いとなかなか食欲も湧かずご飯を食べなくなってしまって、夏バテになる方もいるのでは?楽しい夏を元気に過ごすためにも、しっかり食べて夏バテ知らずな身体になりましょう!

via www.photo-ac.com


夏バテとは・・・


夏バテとは、夏の暑さなどの体温調節機能がうまく調節できなくなり、自律神経機能がうまく働かなくなって食欲がなくなったり、身体に不調が現れる症状のことを言います。


なぜいけないのか?


夏バテになってしまうと食欲が落ちて、食事の量が減ったり栄養が偏ったりしてきます。 その結果さらに体への不調を招いてしまう恐れがあります。


ではどのようなものを食べれば夏バテを解消できるのでしょうか。


おすすめの食材、食べ方はこれ!


タンパク源となるもの


via www.photo-ac.com


タンパク質は、肉類、魚介類、大豆製品などに多く含まれます。 不足すると疲れやすくなったり、免疫力が低下し風邪など引きやすくなったりします。 脂が多いと、夏には食べにくかったりします。 そのため鶏のササミや胸肉などはさっぱりと食べられますし、冷しゃぶにすると余分な脂を落とすことができて食べやすくなります。

特に豚肉がおすすめです。 豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。 体内に疲労物質が溜まるのを防いでくれます。


にんにく

via www.photo-ac.com


言わずともしれた疲労回復食材です。 にんにく特有の香りが、体内でビタミンB1と結合して、疲労回復の効果を高めてくれます。 また香りが、食欲をそそってくれます。 しかし、加熱しすぎると効果がなくなるため注意してくださいね。 ニラにもにんにくと同様の成分が入っているためおすすめです。 ビタミンB1が多い豚肉と一緒に食べると良いですね。


ビタミンA・C

果物や緑黄色野菜に多く含まれます。 身体の免疫力を高めてくれます。

ミネラル

きのこや海藻類に多く含まれます。 汗をたくさんかく夏。水分とともにミネラルも排出されてしまいます。 ミネラルが不足すると、めまいなどの原因になったりすることも… しっかりと食事を食べて補いましょう。

via www.photo-ac.com


暑いからといって、冷たいものばかり食べていると内臓が冷えて余計に疲れてしまうことも。 温かい食べ物や体を温めてくれる食べ物をうまく利用してみましょう。

また麺類(特に素麺や冷たいうどんなど)も食べやすいですが、栄養が偏りがちになりますので、つけだれに野菜を入れたり、玉子やお肉などもトッピングして食べるとバランスが良くなります。 たくさんのおかずを準備するよりも簡単ですよ。


見た目の工夫も大切


また食欲が沸く一つの中に視覚効果があります。 夏ですので、涼しげなガラスの器などを使用したコーディネートなどはいかがでしょうか? 食べる内容だけでなく、雰囲気作りなども食事には大切なポイントとなってきます。

via www.photo-ac.com


もちろん日々の生活を見直すことも大切です。 ファストフードばかり食べていたり、寝不足になっていないですか?

規則正しい生活にし、栄養のあるものをしっかり食べて、暑い夏を健康的に乗り切りましょう!


スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging