その人気のヒミツがわかるかも?初心者にオススメ宝塚歌劇の名作3選!

女性にファンが多い宝塚歌劇団。女優の北川景子さんをはじめ、芸能人にも宝塚ファンを公言している人が多くいます。今回は、東京の各組公演には必ず足を運び、気になると宝塚にも遠征してしまう、宝塚ファン歴20年の私が、初心者におすすめの名作をご紹介します。

宝塚歌劇団とは?

宝塚歌劇団は創立102年の歴史をもち、多くのエンターテイメントが溢れる現代でもなお、たくさんの人を魅了しつづけています。

女性だけで演じられる、ロマンティックな舞台というイメージはあっても、何がそんなにいいのだろう?と気になっている人も多いのではないでしょうか。


ベルサイユのばら

池田理代子原作の、名作コミック「ベルサイユのばら」の舞台化。

1974年の初演から何度となく上演されていますが、再演の度に新場面や新たな演出があるので、変更された場面を見つけたりするのも楽しみにしています。

オスカル編、フェルゼン編など、いろいろなバージョンがあり、宝塚ならではのロココ時代の豪華な衣装や舞台装置は必見です! 鳳蘭、麻実れい、涼風真世、真矢みき、一路真輝、天海祐希など、現在舞台やテレビで活躍している歴代トップスターたちが代々出演している作品です。

最近行われた2014年の公演では、通算観客動員数500万人を突破し、2015年には海を渡り台湾でも上演されました。

正に宝塚を代表する演目です。


エリザベート ―愛と死の輪舞(ロンド)―

19世紀に実在したオーストリア皇后エリザベートの半生を、ハプスブルグ家の滅亡という歴史の歯車とともに紡がれる、ウィーン初演のミュージカルです。

宝塚以外でも、東宝により帝国劇場をはじめ各地で上演されたので、知っている方も多いのではないでしょうか。

単なる歴史ドラマに終わらないのが、エリザベートに常に寄り添う「死」を擬人化した、黄泉の帝王「トート」の存在。

トートは、自由奔放なエリザベートの少女時代から、皇帝に見初められ皇后になり、姑との確執、多忙な夫(皇帝)とのすれ違い生活、晩年の息子の自殺、彼女自身の暗殺という悲劇の終焉まで、何度となく「死」の世界へと妖しく誘います。

華麗かつメロディアスな音楽、幻想的な舞台は中毒性が高く、私も合計50回ほど観劇しています!


ME AND MY GIRL

「マイ・フェア・レディ」の男性版と言われるロンドン初演のミュージカル。


名門貴族ヘアフォード家の当主が亡くなり、見つかった後継者は、ロンドンの下町で生まれ育ったガサツな青年ビル。というところから、話がはじまります。

後継者の条件は、貴族に相応しい紳士になること。 そんなビルを教育しようとする親戚たちや、下町時代からの恋人サリーも巻きこんで、 立派な紳士になるまでの成長を描いた、ロマンティック・コメディです。

一緒に思わず口ずさみたくなるような曲がたくさんあり、見たあとはいつもハッピーな気持ちに!


ぜひ、劇場へ!

via ©Loco – Fotolia


「ルパン三世」や「るろうに剣心」など、馴染みのある作品を取り入れた演目もたくさん上演されるので、知っている作品を宝塚歌劇が演じるとどうなるのか?

そんな楽しみもあります。

宝塚歌劇団の劇場は宝塚と東京・日比谷にあり、5組(花・月・雪・星・宙)の持ち回りで、様々な作品が上演されます。

ロングラン公演ではないので、見逃すともう二度と観ることが出来ない演目もあり、百聞は一見にしかず!まずは一度トライしてみるのはいかがでしょうか?

一度観てみれば、その魅力の理由がわかるかもしれません。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging