すぐできる!料理を「おいしそう」に見せる、4つの撮影ポイント。

趣味の食べ歩きや日々のご飯を、撮る人も多い料理写真ですが、これが簡単なようで意外と難しいと思ったことはありませんか?料理写真は、撮り方によっては「おいしそう」の反対にも写ってしまいがち。簡単にできる、基本の4つのポイントをご紹介します。ぜひ活用してみてください!


席は窓際!逆光かサイド光で撮影

via ©arthurhidden - Fotolia


写真は光と影の使い方が重要ですが、料理の写真にかぎっていえば、光がすべてです。できれば、夜ではなく昼間の太陽の光で撮ると、上手く撮ることができます。

オススメは逆光で撮影します。もっと欲をいえば、斜めからの逆光を使いましよう。順光だと料理に光が当たりすぎて、全体的にのっぺりした印象の写真になります。

あとはフラッシュを使わない。これだけ覚えていれば大丈夫です!

お店で撮るときは、座る席が重要になります!昼間だったら自然光が入る窓際に、夜の場合はテーブルの斜め横からライトが当たる席に座りましょう。


スポットライトがまぶしい時は、トレーシングペーパーを入れたクリアファイルでさえぎってあげると、自然な光になります。もちろん白い紙でも代用可能です。


撮るときは 斜め45度

via ©hungryworks - Fotolia


なぜ「斜め45度」かというと、私たちが食事をするときに、テーブルの上から見る角度(目線)と同じだから!

そのため、普段の食事の情景が思い浮かびやすい、角度(目線)の写真が良いということになります。

もちろん、料理やお皿の形状によっては、真上や角度(目線)を下げた方が良い写真になることもあるので、いくつかのアングルから撮っておくのがオススメ!


料理に寄って撮影する

via ©Jacek Chabraszewski - Fotolia


全部を画面におさめようとせず、主役の料理に寄って撮影するのがコツ! お皿の端は切れる程度がおすすめ、インパクトがありおいしそうな写真になります。

寄って撮影するときに注意したいのが、スマホなどのカメラは広角レンズを使っているので、写真がゆがんでしまうことがあります。そんな時は、ズーム機能をうまく使ってくださいね。

主役の料理以外も、同じ写真におさめるときは、画面の手前側に主役、それの対角線上に脇役を配置するのがセオリー。 横位置の写真ばかり撮っているようなら、縦位置に変えて奥行き感を出すのも忘れずに!


できれば1分以内に撮る!

via ©abc7 - Fotolia


料理写真は、料理ができて1分以内に撮影するのが、鉄則といわれています。


それは、広告写真やデザインの世界でいうところの「シズル感」を出すため! この「シズル感」は、お肉などを焼いている時の「ジュージュー」という音を、英語で「sizzle」というところからきていて、臨場感や瑞々しさなどを表現しています。

ジュージュー焼けているのは、見ているだけでおいしそう! 即撮影して、写真に「シズル感」をおさめましょう。

冷たい飲み物を撮影するときは、グラスの水滴があると写真で冷たさが伝わるので、あえて時間が経ってから撮影します。 このように、すべてが1分以内というわけではありません。

主役によって工夫してみてくださいね!

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging