リバウンドしないダイエットのコツと食材の取り入れ方

通称ぽっちゃり系の方も急激なダイエットをした後で、リバウンドすることが習慣化されてしまうことがあります。 脳が太った緩みの栄養素「悪玉系」を欲しがるため、空腹ホルモンが多量に分泌するからだそうです。二の腕、生脚、ウエストなど薄着になるこれからのシーズンに合わせて無理矢理ダイエットするのではなく、どんなタイミングにどんなモノを食べるかで変わります。

夜はなるべく糖質オフでカルシウムオン

夜は炭水化物や糖質の多い根菜やスイーツ、フルーツはNGです。 夜炭水化物や糖質を食べると、身体が冷えます。 生野菜も冷やすので控えましょう。

ただし炭水化物を抜く場合、炭水化物が大好きな方は睡眠の質が下がりやすいので、補うホットミルクやヨーグルト、チーズ、小松菜、モロヘイヤ、小魚などを摂り入れるとよいです。


昼はたっぷりミネラルON

昼はたっぷりタンパク質、鉄分、ビタミンB群の多い納豆、豆類、うなぎ、アナゴ、鮭、エビ、マグネシウムの多いごま、豚肉ヒレ、牛肉ヒレ、鶏肉、アーモンド、落花生、海藻類、キノコ類を意識して食べます。


全般的に塩分はオフ

塩分を過剰に摂ると、身体はナトリウム濃度を下げようとして、水分を体内に溜め込もうと作用します。 それがむくみや高血圧の要因になります。

濃い味を食べると脳が過食へとスイッチが入り、空腹ホルモンのタンニンが多く分泌されます

自然塩、味噌、しょうゆ、だし、スパイスは減塩のものを使うように心掛けたいです。


生活習慣と食生活の見直し

夜の食事は、最低就寝の2〜3時間前までに食べるようにすると、内臓脂肪対策となります。

寝る前にお風呂でゆらゆら身体を温めて代謝をアップしてぐっすり眠ります。 質の良い睡眠をとることで、身体全体がナチュラルに吸収代謝してスムーズに自分の適切な体重に収まるそうです。

ます食生活の時間を見直して、習慣化だけで自然に自分に合った体重に落ちていきます。 身体は素直ですので、身体のために良いタイミングに身体が喜ぶ食材を食べるように心掛けてくださいね。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging