寝る2時間前に食事をしていない?気をつけたい2つのこと

帰宅が遅く夕食を食べる時間が遅い人は多いですが、遅い時間に食べる夕食はカラダの不調が起こりやすいことをご存知でしたか?!食事制限をしているのに痩せない、肌があれてきた・・などの症状を感じている人は要注意です。食べる時間や食事内容を意識してみましょう。

健康に気をつけてるのになかなか結果に繋がらない・・

via www.photo-ac.com


食べる物にも気をつけているし、ダイエットも頑張っているのになかなか結果がでない。。 肌荒れもなかなか治らない。。そんなお悩みをかかえている人はいませんか? そんな人は夕食の時間が遅くないか?振り返ってみましょう。 帰宅が遅く寝る1〜2時間前に食事をしている方はいませんか? 夕食が遅くなるとダイエットやカラダの修復を行う「成長ホルモン」の分泌量が少なくなってしまいます。 食事をするタイミングや、食事の内容を見直して「成長ホルモン」をしっかり分泌させる生活スタイルをつくりましょう。


成長ホルモンって?

via www.photo-ac.com


成長ホルモンと聞くと、成長期に身長を伸ばす!というイメージが強いのですが、実は他にも色々な作用があるのをご存知でしたか?

・筋肉の増加作用 ・脂肪燃焼作用 ・肌などの組織を修復

など、女性には嬉しい効果がたくさん!また、寝ている時に成長ホルモンはもっとも分泌されやすいのです! 成長ホルモンは思春期を過ぎると分泌される量がぐっと減るのですが、そのような中でも 一歩間違えると更に分泌量が少なくなる恐れが。なにをやっても痩せない、肌荒れがひどい・・ とお悩みの方は、まずは成長ホルモンがしっかり分泌されているか見直してみませんか? 成長ホルモンを分泌される方法を、しっかり知って健康に美容に賢くなりましょう!


気をつけたい2つのこと


成長ホルモンは寝ている時に分泌されてるのですが、 効果的にホルモンを分泌させるためには、寝る前の夕食の時間帯と食事の内容がポイント!今回は今日からでも実践できる取り組みやすい内容を2つご紹介します。


夕食時間を見直してみよう!

via www.photo-ac.com


まずは、食べる時間を見直してみましょう。 成長ホルモンがしっかり分泌される条件は「血糖値が安定した時」です。 夕食をした際は、血糖値はぐんと高くなりますが、その後はインスリンというホルモンのおかげで血糖値はさがります。しっかり血糖値が安定するまで約3時間はかかるといわれています。 ですので、寝る直前に食事をしている人は要注意!成長ホルモンが分泌されにくくなっている恐れが。

寝る前の食事のポイントは【寝る3時間前までには食事を終わらせる】事を心がけましょう。


血糖値をあげない食事を心がけよう

via www.photo-ac.com


帰宅が遅くどうしてもご飯を食べたい・・・ そんな日もあるかと思いますが、気をつけたいポイントをご紹介します。 成長ホルモンは血糖値が安定した状態を保ちながら寝る事で分泌されやすくなります。 まずは血糖値をあげない食事を心がけてみましょう。

血糖値をあげにくい食材は【精製されていない食材】です。 例えば、玄米や全粒粉のパスタやパンなどです。 夕食が遅くなる時には、精製されていない食材を積極的に取り入れてみましょう。 また、丼ぶりやおにぎりだけなどの単品食べをさけて、野菜などを一品取り入れてみましょう。 野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を防いでくれますよ。 また代謝をあげるためにも、温かいスープなども一緒に召し上がってくださいね!


スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging