まるで本物!繊細なプリザーブドフラワーのお手入れと保管方法

近年、ギフトとしても人気のプリザーブドフラワー。生花のようなリアルな風合いと水換えなどの手間要らずなのが人気の理由です。今回は、せっかくのプリザーブドフラワーを少しでも長くもたせるコツをお教えします。


プリザーブドフラワーのレッスンやギフトオーダーを受ける中で「プリザーブドフラワーのお手入れはどうしたら良いですか?」「プリザーブドフラワーってどれくらい持つのですか?」などお手入れや保存についてのご質問をよくいただきます。 今回は、そのプリザーブドフラワーを長くお楽しみいただくためのお手入れ方法やポイントなどをご紹介したいと思います。


プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは生花を特殊加工することで、色鮮やかな美しさとソフトな風合いを長期間に渡り楽しめるお花。 水やりの必要が無いだけでなく、花粉などのアレルギーがある人でも大丈夫です。 もとは生花ですから、生花と同じように優しく扱ってあげてください。


プリザーブドフラワーはどれくらいもつの?

プリザーブドフラワーは、半永久的にもつといわれていますが、実際の保存期間は日本の場合、約1~2年間くらいだと思われます。 置く場所・保存方法によって大きく変わり、直射日光があたらなく、湿気が少ない場所では色もカタチも変わらず10年もつことも。 高温多湿や急激な温度変化、直射日光は大敵です。


プリザーブドフラワーの保管について

プリザーブドフラワーは、半永久的にもつといわれていますが、実際の保存期間は日本の場合、約1~2年間くらいだと思われます。 置く場所・保存方法によって大きく変わり、直射日光があたらなく、湿気が少ない場所では色もカタチも変わらず10年もつことも。 高温多湿や急激な温度変化、直射日光は大敵です。


プリザーブドフラワーの保管について

ほこりがたまってしまったら、お化粧の時に使用するチークブラシなどでやさしく掃ってあげてください。 なるべく毛が柔らかいものを選びましょう。 また、ドライヤーの冷風をあててほこりを飛ばすのも簡単です。 その際は、少し離して当ててあげてください。


メンテナンスやリメイクも可能です

プリザーブドフラワーのアレンジメントは、変色してしまったり、古くなって痛んでしまったお花だけを取替え、メンテナンスをすることも可能です。 器や綺麗なお花だけを再利用してリメイクするのも良いでしょう。

上手に保管すると、長持ちするプリザーブドフラワー。 永遠に枯れることのない花として、Jafa(日本プリザーブドアロマフラワー協会)では、10月8日を“プリザーブドフラワーの日”と定め、「永遠の花の日」として日本記念日協会に登録しています。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging