正しく理解してる?エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い

「アロマ」という言葉はすっかり一般的になりましたが、エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違いをきちんと説明できますか?TVや雑誌などでは同意語として使われていることもありますが、実は違うものです。

via www.photo-ac.com


一般的に使われる「アロマ(aroma)」という言葉は、直訳すると「芳香・香り」という意味です。 広義の意味では、アロマは香りを取り入れた全てと言っても過言ではありません。 ただ、自然の植物や果実が持つ香りの芳香成分で心と体のケアをするヨーロッパ発祥の自然療法であるアロマテラピー(アロマセラピー)として考えるのならば、注意しなければいけないことがあります。

エッセンシャルオイル(精油)とは


via www.photo-ac.com


エッセンシャルオイルは、天然100%のもの。 植物の中に存在する「香りを放つ物質」=「芳香物質」のみを純粋に抽出したものです。 100%天然以外は、「エッセンシャルオイル」と表記することができません。


アロマオイルとは

via www.photo-ac.com


アロマオイルとは、直訳すれば「香りのオイル」のこと。 100%天然ではないもの、合成の香りが混ざっている、または100%化学香料のものがアロマオイルと呼ばれます。 エッセンシャルオイルをキャリアオイルに混ぜ、マッサージオイルとして販売されているようなものもアロマオイルです。 アロマオイルの場合は、肌に直接使用しても大丈夫という注意書きがなければ、そういった用途には適していません。


価格には理由があります

via www.photo-ac.com


同種のエッセンシャルオイルの中でもお店や産地によって価格差があったりしますが、本来、エッセンシャルオイルは高価なものです。

たとえば、ローズオットーのエッセンシャルオイル1kgを抽出するためには、約5,000kgのバラの花びらが必要。 バラの花束を買うお値段をイメージしてください。 それなりのお値段でないとおかしいですよね? ローズを例にあげましたが他のエッセンシャルオイルでも同じことです。

極端に安価なエッセンシャルオイルは、100%天然ではない、少しでも多くの量を得るため限界まで抽出している、品質が粗悪であるなどの理由が考えられます。 それは、パッケージなどからでは判断できませんが、本物の香りを知れば判ってきます。 同じ種類のエッセンシャルオイルを嗅いでも販売元によって香りの違いを感じるのは、品質の違いかもしれません。


正しいエッセンシャルオイルを選びましょう

via www.photo-ac.com


エッセンシャルオイルには、単に香りを楽しむだけでなく、心や身体に働きかけてくれる、効果効能があります。

その機能を最大限に活かすためにも「正しい」エッセンシャルオイルを選んでくださいね。


スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging