イソフラボンだけじゃない!大豆発酵食品に含まれる注目成分大豆ペプチドとは?

大豆に含まれる効果的な成分といえば「大豆イソフラボン」。でも、実は、大豆発酵食品には「大豆ペプチド」という注目の成分が含まれているのです。大豆ペプチドは頑張る人にこそ必要な成分と言えそう。今回は、その大豆ペプチドの働きをご紹介します。

ペプチドとは?

via www.ac-illust.com


脂質、炭水化物と共に三大栄養素とされるタンパク質。 タンパク質は、人間の身体を作る機能を働かせ、健康に保つ上で欠かせない栄養素です。

食事から摂取したタンパク質は、消化酵素によりアミノ酸に分解され小腸で吸収されます。 ペプチドは、そのタンパク質を分解する過程で生成されるもの。 アミノ酸がいくつかつながった状態で、1個ずつ吸収される単体のアミノ酸よりも効率よく吸収されるとされています。

つまり、吸収されるレベルまで細かくなったタンパク質を、数個まとめて摂ることが出来るのがペプチド。 塊(タンパク質)を粉末状(アミノ酸)にしたものの、粉だと食べにくいので団子(ペプチド)にまとめてみた…というようなイメージでしょうか。


アミノ酸のバランスが100点満点の大豆ペプチド

via www.photo-ac.com


タンパク質が多い食べ物は、肉類や魚類、乳製品、大豆食品など。

中でも、大豆はアミノ酸の栄養価が高く、植物性タンパク質源の中で優れた食品です。 体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸もバランスよく満たしているため、アミノ酸スコア100とされています。 ちなみに、よく聞く「BCAA」はその中でも筋肉のエネルギー代謝に深く関与する3つの必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)のこと。

大豆ペプチドは、大豆の中でも発酵させて作る納豆、味噌、醤油などの食品に含まれています。 特に納豆は大豆ペプチドを多く含む食品。 大豆ペプチドを食品から積極的に摂取したいひとは、納豆を食べるのがオススメです。


大豆ペプチドは脳や筋肉の疲労回復に効果的

via www.photo-ac.com


大豆ペプチドは脳や筋肉の疲労回復に効果的だと言われています。

筋肉に大きな負担がかかる運動をすると脳から成長ホルモンが分泌されて筋繊維の修復を行います。 この筋繊維修復にはタンパク質が必要です。 トレーニング後にアミノ酸を摂取したり、マラソンランナーがスペシャルドリンクにアミノ酸を入れるのはこのためです。 大豆ペプチドは吸収スピードが早いアミノ酸ですから、筋肉の疲労回復、修復に効果的だと言えるでしょう。 積極的なトレーニングだけでなく、運動がニガテで筋肉痛が怖い、旅先などで歩き回って疲れた…というようなときにも役立ちますよ。

また、大豆ペプチドを摂ると、集中できる状態とされるアルファ2波という脳波が増加する傾向にあり、思考状態をリラックスさせる働きもあることも発表されています。 考えすぎて疲れてしまった…そんなときも大豆ペプチドはサポートしてくれます。


カラダの基礎代謝を高める大豆ペプチド

via www.photo-ac.com


大豆ペプチドの摂取は、基礎代謝や食後のカロリー消費を増加させ、体脂肪の燃焼を促進させることが研究データにより認められています。 大豆ペプチドは摂取後20~30分後に体内に吸収されるため、カラダの代謝を高め、運動効果を高めたい人は、運動前20~30分前に飲むのがオススメ。

代謝アップ、カロリー消費、脂肪燃焼と聞けば、ダイエットの強い味方であることが判りますよね? 普段、汗をかきにくい、冷えが気になるといった人もサポートしてくれるはず。

他にもまだある!大豆ペプチドの嬉しい効果

via www.photo-ac.com


大豆ペプチドに含まれるアルギニンやグルタミン、アラニンは肝臓の働きをサポートしてくれます。 お酒を飲む機会が多い、強くないのに飲む機会があるという人は、飲む前に摂取しておくと良いでしょう。 また、飲みすぎてしまった…二日酔いになりそう…という状況の時、後から飲んでも効果的です。

さらに、大豆ペプチドに含まれるアルギニンとグルタミンには免疫力をアップしてくれる働きも。 病気に負けないカラダ作り、風邪の引き始めなどにも大豆ペプチドが役立ってくれると言えます。

そして、女性にとっては嬉しい美肌にも役立ってくれる大豆ペプチド。 肌のコラーゲンに必要なアミノ酸も大豆ペプチドに含まれています。

大豆ペプチドはどれくらい摂ると効果があるの?

via www.photo-ac.com


では、効果を実感するには、どのくらいの量の大豆ペプチドをとればよいのでしょうか? 大豆ペプチドを疲労回復の目的で利用する際の目安量は、3,000mg程度とされています。

とはいえ、食品に含まれる大豆ペプチドの含有量は少なく、多いとされる納豆で1パック(40g)で400mgほど。 納豆から3,000mgの大豆ペプチドを摂取しようとすると、7パック以上を食べることになってしまいます。 1日に7パック以上の納豆を食べることは、カロリーや塩分も気になりますし、現実的ではないですよね? 大豆ペプチドが多く含まれているとされる納豆でこれですから、サプリメントなどを上手に活用する方が良さそうです。

仕事や家事、育児に頑張って疲れている人。 忙しい合間をぬって少しでも効率よくエクササイズをしている人。 お酒の場のお付き合いも忙しく、つい飲みすぎてしまう人。

そんな頑張る人にこそ選んで欲しい、大豆ペプチドです。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging