朝食を食べた方が痩せやすい?!ダイエットには一日3食が基本の理由

ダイエット中はついついカロリーを気にしすぎてしまい、朝食を抜いてみたり食事量を減らしてみたり色々工夫をする方が多いのではないでしょうか。しかし体重が減らない・・や結局なにが正しいの?と疑問に感じている方が多いのでは?今回は朝食を食べるメリットについて解説していきます。

朝食を食べた方が痩せやすいのはなぜ?!

via www.photo-ac.com


朝食を食べない方が痩せやすいのでは?と思っている方も多いと思いますが、実は朝食は食べた方が太りにくいということが近年の研究でわかってきています。

その理由として、食事を食べた際の血糖値に大きく変化が起こるからです。

一日2食(昼と夜)の食事をしている人は、一日3食(朝・昼・夜)に食事をしている人に比べ、朝食を抜いている分昼食の血糖値が上がりやすく太りやすいという結果がでているのです。 人間は長時間なにも食べない状態が続くと、体内は「飢餓状態」と勘違いしてしまい、次に食べる食べ物を吸収しやすくする状態を作り出してしまうのです。 そのため、血糖値の乱れを防ぐためにも朝食を取り入れた方が痩せやすいという結果がでています。


カロリーを調節したはずが、かえって太っている?!

via www.photo-ac.com


ダイエットをする上で、意識するには「カロリー」ですが 前日食べすぎてしまいカロリーを調節するために朝食を抜く!や、夕食を食べすぎてしまったり、夜遅い時間に食べてしまったりで朝食は食欲がわかない・・という経験もありますよね。 実は朝食を抜けば痩せられると思っていては大間違い!!ダイエットのためにカロリー制限した結果、脂肪が燃焼されないカラダに。その理由は、朝食を食べる事でカラダの熱が発生しますが、朝食を抜く事でカラダの熱は発生しにくくなります。その分夕食時に食べた脂肪が蓄積されやすくなる驚きの結果に。 かえって朝食を減らす事で空腹感を感じやすくなり、昼食や夕食の食事量も増えてしまい、摂取カロリーが高くなる可能性も考えられます。


朝食の内容もしっかり意識しよう


via www.photo-ac.com


朝食の大切さは理解できた!というところで、さっそく朝食を食べてみよう!と行動にうつせる人は、ダイエット成功への第一歩です。 朝食をなかなかたべる習慣がない方もいらっしゃるかと思いますが、まずは何か口にしてみることが大切です。 ゆで卵1個でもバナナ1本でも良いので、朝食を食べる習慣からはじめてみましょう。 慣れてきたら食事内容を意識してあげましょう。朝食は熱の生産を促す「たんぱく質」を取り入れましょう。 女性はスムージーを取り入れる方が多いですが、スムージーに使用している水を「豆乳」や「牛乳」に変えてあげるだけでも、たんぱく質を手軽にチャージできます。また、食パンを食べる際にも単品ではなくゆで卵や目玉焼きをつけることを忘れずに。白米も鮭のふりかけや納豆などが手軽でおすすめです。 余裕があるかたは、野菜も一品加えられれば、上級者さんです!


まとめ


いかがでしたか?痩せやすいカラダ作りには朝食を食べる事からスタートしてみましょう。 まずは、自分のできることから少しずつ実践してみましょう!

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging