美肌も美ボディも手に入れたいなら、まずは体温を上げよう

皆さんの体温は何度ですか?現代女性は食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどによって体内の健康状態が悪化し、基礎体温が36.5度以下の人がほとんど。体温が低いと、血行不良となり、顔色が悪くなったり、代謝が落ちて痩せにくい身体に。また風邪を引きやすくなることも。まずは36.5度を目標に体温を上げていきましょう。

via www.photo-ac.com


あなたの体温、何度ですか?


熱っぽいな?と感じたときには、多くの人が測る体温。 でも体温が低いな?と感じて測る人は、とても少ないのでは? 一見、体温が低くても特に困ることがなさそうですが、実は身体や心の不調が隠れていることも。 また女性の場合は、排卵後には体温が上昇するので、月経リズムを知るためにも体温を測る習慣をつけてみましょう。 理想の体温は36.8度。まずは36.5度を目指してみましょう。


どうして、体温が低くなるの?


低体温の原因として大きな割合を占めているのが、筋肉量の低下です。熱を生み出すのに必要な筋肉が少ないと、体温は低くなってしまいます。また食生活において、脂質や糖分の摂り過ぎは、食事バランスを崩して、基礎代謝を下げてしまいます。 その他にも、睡眠不足やストレス、冷暖房がきいている部屋に長くいることで、自律神経が乱れて、低体温に繋がってしまいます。


体温を上げる効果的な方法


一気に体温を上げる方法はありませんが、日々の生活の中でちょっと意識するだけでも、体温を上げることができます。できることから少しずつ始めてみましょう。


・食事

via www.photo-ac.com


食べ物には、身体を温める食べ物と冷やす食べ物があります。これらを賢く選ぶことが、体温管理には重要となります。 具体的には、生姜や唐辛子、ニンニク、ニラ、大根、ナッツ類、サバ、アジ、イワシ、羊肉、鶏肉、卵、味噌、みりんなどが、挙げられます。 昔ながらの和食を見直すとよいでしょう。 また食べ物も飲み物も、温かいものを意識して摂るようにしましょう。


・入浴


via www.photo-ac.com


湯船に10分浸かるだけでも、湯上りには体温が1度ほど上昇します。シャワーだけで済まさず、湯船に入ることを心掛けましょう。 ポイントは、ややぬるめのお湯に長時間浸かること! 半身浴で身体の芯から温めるのもオススメです。 天然塩にローズマリー精油を3滴加えたものをバスタブに入れて入浴すれば、しっかりと温まります。


・マッサージ

via www.photo-ac.com


入浴時や入浴後に、足裏をマッサージします。足裏には反射区がたくさんあるので、冷えやむくみを解消したり、胃腸など臓器の働きを活発にします。


・服装

via www.photo-ac.com


「首」とつくところを温めます。具体的には、首、手首、足首です。上手にネックウォーマーなどを利用しましょう。またお腹周りも腹巻や湯たんぽを使って温めます。 冷え性であっても、寝るときは靴下を脱ぎましょう。自力で温める力が無くなってしまいます。


・運動

via www.photo-ac.com