スタディーセッション『笑顔で介護』中編

スローエイジング編集部発足のスタディーセッション。今回はスローエイジング世代の方々なら一度は考えことがあるはず『介護』についてです。 自分の人生に「介護する」時期がくる人も、こない人も。もしも介護することになったら・・・?そんな万が一に備えて学びます。

『巣立つ子供と違い、介護は送ること。どんなに一生懸命頑張っても後悔は必ず残ります。

だから毎日が花マルじゃなくていい、とんとんでいいんですよ。壮絶だなんて思われるけど、介護って意外と楽しめるよ』

こう仰るのは日本占術協会 会長 福田有宵先生「有宵会」所属、現代養生食介護食アドバイザ−でもある黒江真帆先生。認知症のお母様と過ごされた13年間の介護生活の経験を交えて、お話ししていただきました。



皆様も、ご存知のことと思いますが、現在日本は“少子超高齢社会”に突入しております。高齢化~高齢社会~そして、高齢者の人口比率が21%を超えると超高齢社会です。

この現象は猛スピードと言え、日本は世界1位になりました!残念ながら行政は、この推移を予測出来なかったように私は思えてなりません。


〈介護保険制度〉


この制度は、ここにお集りの方々は自分には無関係と感じていらっしゃるかと思いますが、40歳を迎えると介護保険料を支払いしなければならないと言う義務が生じます。

当然40歳を過ぎていれば、この制度に適応すれば活用できますので高齢者のみの制度では決してありません。


介護保険制度がスタートしたのは2000年です。ただし個人的意見かもしれませんが、日本のケースを見ているとヨーロッパ諸国を参考にした制度も残念ながら見切りスタートだったように感じてなりません。


行政自体が運営する事が、本来あるべき形なのかもしれません。日本は、各自治体へ任せるとともに民間企業の参入という形態で施行しました。もちろん様々な業態での経済活性化には貢献したと言えますが。


この制度は3年ごとに見直しされ現状に沿うよう改正されます。


スタート当初は、寝たきりの方に焦点を当てられ“介護認定“も高齢者に優しい広き門だったと言えます。ところが財政が困難になってきた現在は、認定さえも以前より厳しくなってきました。


やはり机の上でのディスカッションから出来上がった制度なのか、現場の痒い所に手が届く事は難しいのかもしれません…。


今は、マスメディアでも取り上げられている認知症が最も重要課題となりました。

もしも、どなたかに相談を受ける事態になった場合に何らかの提案が出来るようなお話を本日はお伝えしたいと思っております。


今回のテーマである「介護」ですが、人のお世話をする時の言葉で、介抱・看病・看護・介護などがありますよね。


介抱はどちらかと言えば、自宅にて風邪や二日酔いなどの一過性の場合に用いられます。

看病・看護→医療機関で医療行為=医療保険が適用される事が多い 。


では、介護とは福祉の分野に深く関係し、医療保険の他に介護保険が適用されるという事が大きく異なると言えます。


介護についてのお話しをする前に、ご高齢者についてお伝えしておきたいと思います。



私は今では珍しい4世代同居の環境で育ちました。しかし今の若い方々には、お年寄りとどう接したら良いのか分からないと言う声を聞く事があります。若い方の意見を聞くと、当然かもしれませんが…お年寄りの年代はマチマチでした。

〈個人差が大きい〉

成長期のお子さんの場合は、ある程度マニュアルがありますよね。

例えば、離乳食の開始時期などは食事面では代表的とも言えるでしょう。しかし、ご高齢者の場合は平均値と言えるものがありません!


例えるのならば、60歳で脳梗塞を発症したとしたら如何でしょう?


後遺症から運動機能の低下・身の回りの事も食事面さえ通常食を食べられない場合もあるでしょう。また、口腔内環境も著しく異なり早い内から義歯(入れ歯)の影響から不便を感じている方も多いと思います。

持病により食事制限を強いられている場合も好きなモノを口に出来ない場合もありますよね。もちろん反対に、足腰も達者で90歳でも外食に行かれている方もいらっしゃいます。


行政では65歳以上は前期高齢者と括っていますが、これはあくまでも統計上からです。

見た目に限らない場合も含め、ご高齢者には個人差が大きい!と、言う事を心に留めて置いてくださいね。

〈子供扱いはNGです〉

出来ない事ができてゆくのが子供の成長期であるならば、スムーズに出来ていた事が歳を重ねる内に少しずつ出来なくなってゆくのがご高齢者です。

筋肉の低下を始め、眼や耳が遠くなるのも加齢の自然現象と思います。


よく見かけるシーンに、お年寄りの耳元で大きな声で話しかけているのを、皆さんも見かけた事があると思います。

その際、何故だか子供に話しかける様な言葉使いを耳にします。

もしかしたら耳は遠い訳ではなく話している言葉が早口で解らないのかもしれませんし、また軽度認知症の為に内容自体が意味不明だったら…。


どちらにしても自分達よりも年齢も経験値もあるご高齢者への子供扱いするのは、私は良い事だとは思いません。やはりお年寄りには尊敬の念を持って接して頂きたいと考えています。


〈失われてゆく年代〉

本日お集りの方々、もちろん私も“高齢になった”という経験値は当然ですがありません。


団塊の世代の介護時代の頃には多少変化するのかもしれませんが、現在のご高齢者の中には戦争経験者の方々もいらっしゃいます。私の母も「もったいない!」という言葉をよく口にしていました…。

経験値とともに社会背景からくる価値観も、今とは全く異なっています。

介護の現場の中では、戦争で配偶者の方を亡くした方も居られるし両親や友人の場合もあるでしょう。

年齢を重ねるという事は仕事や家事・家族や友人・健康さえも“失われてゆく年代”であると言う、もしかしたら日々の中でジレンマとの格闘かもしれません。


そんな事も忘れないで欲しい…と、4世代の中で加齢を実際身近に肌で感じてきた私は思えてなりません。


〈非言語メッセージの重要性〉


これは認知症以外の心理カウンセリングの現場でも学んだ事ですが。

私達は通常は“共通言語”でコミュニケーションをとっていますよね。ところが、この共通言語でさえも実は伝わる言葉は、およそ7%とかなり低い数字に驚きませんか?


では“非言語メッセージ”とは、身振り手振り・言葉の強弱等々が加わったとしたら…それでも全体の55%位と言われています。こんなにも理解されていない、互いに自分の立場に置き換えて“言葉”というツールを感じ取っている訳ですので、勘違いはあるものなんですね。


ご高齢者とコミュニケーションする場合は、必ず目線の高さ(例えば、車椅子ならしゃがんで)を合わす事が=お話しを聞くという態勢となりますので大切です。沢山の言葉でコミュニケーションが取れているとは思い込まず、むしろ少なく解り易い言葉選びも大事です。お相手にプレゼントを手渡すが如く言葉を物の様に扱いましょう!と、学んだ時を思い出します。


〈傾聴が大切〉