スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging

人気スタイリストの入江未悠さんからから、スタイリング&整理整頓を学ぶ会(概要)

新生活をスタートさせたとき、あるいは気持ちを新たに切り替えたいとき、こうした時に、持ち物整理、整理収納、片付け、捨てるといったワードが注目されるようになります。そこで、人気スタイリストの入江未悠さんからスタイリング&整理整頓について学びました。

入江未悠

青山学院大学卒業後、「CanCam」でライター&スタイリストアシスタントとして編集業務に携わり、2003年にスタイリストとして独立。

現在は「Oggi」「Story」など女性ファッション誌を中心に活躍中。

2012年、整理収納アドバイザー資格を取得。

定番こそ更新していく

●編集部:定番と言われるものは数年経っても着られますか?

 

●入江:定番と言われる白シャツやデニムこそ、実は更新することが大事だと思います。以前のシャツはメンズライクな素材で、肩の位置はジャスト、きりりと着るイメージでしたが、いまは柔らかい素材で、ドロップショルダー・背抜きで着るものが主流ですね。

 

日常的にシャツを着る方なら、シーズンに一着、シャツを買い足すことでマイベーシックが更新できます。

旬なシャツを1枚持っているだけで、ベーシックなボトムスを合わせるだけで今っぽい着こなしになりますし、トレンドの小物を足すことでさらに素敵なスタイルになると思います。

●編集部:いつも同じ様なファッションになりがちで、たまには違うテイストの洋服にチャレンジしたいのですが、何が似合うのか分かりません。

 

●入江:新しいアイテムに挑戦するとき、自分ひとりだけではジャッジが難しいですよね。

 

私の場合は、自分のテイストに合っていると感じるお気に入りのショップ店員さんに、試着の際に色々と聞いてみたりします。馴染みのショップ店員さんの意見って結構参考になったりしますからね。

外から見て気付かない部分を店員さんが指摘してくれたり、新しい発見がありますよ。

 

 

スタメンラックを作る

●編集部:整理するコツってありますか?

 

●入江:私のおすすめは、『スタメンラック』を作ることです。

 

1年の中で春夏秋冬があって、3月、6月、9月、12月と見直すタイミングの月を作っています。例えば、ワードローブが沢山あってごちゃごちゃしているのであれば、いまから3ヶ月活躍させたいと思うアイテムを10着セレクトしてみます。

お気に入りのトップスの中で、常に手に取るものを1軍と考えます。

ボトムスなら、このパンツは履き心地がいいし、シルエットも今の気分だし、、スカートだったらどれかな?という感じでセレクトしていきます。

●編集部:年代別で気を付けたほうがいいスタイルってありますか?

●入江:あります。(笑)

40代向けの雑誌のスタイリングをすることがありますが、20代の頃に着ていた可愛らしい服を40代が着ると、年相応でないふうにみえてしまったりします。可愛い服、甘い服が好きな方向けに、40代がどのように取り入れたら良いかを提案している企画は人気のようです。

●編集部:40代ってその辺難しいですよね。洋服のフリルのついている場所ひとつで若作りしているように見えてしまう。

 

●入江:例えば、「リボンつき」のトップスでしたら、前に大きなリボンがついているものより、後ろにさりげなくついているものがおすすめです。

肌見せも、前にV開きではなく、後ろが浅めのV開きになっているものを選ぶと大人の女性を品よく艶やかにみせてくれます。

 

 

トレンドを取り入れるコツ

Q、トレンドをどう取り入れたらいいのか分かりません。

 

●入江:トレンドを全身に取り入れるのは難易度が高いので、例えばそのシーズンのトレンドカラーを着こなしに取り入れるのがおすすめですね。

●編集部:年齢的になんだか似合わなくなってきたカラーがあるのですが。

 

入江:それはありますね。若い頃はパステルピンクが似合っていたけれど、年を重ねてから合わせてみるとなんだか顔が浮いてしまう。じゃあピンクは諦めなくてはいけないかというと、そうではなく、同じピンクでもマゼンタピンクなどを選ぶと、40代でも素敵に着られ顔色にも映えます。

 

●(40代A):マゼンタピンクってかなりはっきりとした色ですが、スタイリングとしてどのくらいの配分量を使うのでしょうか?

 

●入江:それ一色のスカートとか、かなりしっかり面積を取り入れていいと思います。

 

●(40代A):えっ!! そんなに? それってさすがにトップスには・・・?

 

●入江:いえいえ、トップスに持ってきても大丈夫ですよ。その場合は、デニムに合わせたり、カジュアルボトムスに合わせるのもいいですね。

 

洋服で取り入れるのに抵抗があるようでしたら、靴など小物に一点投入というのも素敵だと思います。

 

今年のトレンドで、カラーオンカラーの着こなしというのがあって、例えばマゼンタピンクだと似た系統のパープルを組み合わせたりしています。洋服どうしの組み合わせは難しかったら、ピンクのスカートを履いた時に足元にパープルのサンダルを合わせてみると良いです。カラーにカラーを重ねるというのが最近の流行りですね。

あわせて読みたい記事