学びっぱなしはもったいない。実践してこそ意味がある。

春になると、新しいことを学びたくなりますよね。就職したり、仕事が変わったりして、セミナーや講習会に参加する機会が増えるのも、この季節。でも、「学んだ」だけで満足していませんか?頭だけで理解したことは、あっという間に忘れます。実践して肚に落としてこ、本当の意味での「学び」です。

頭で覚えたことは24時間で1/3を忘れる


セミナーや勉強会に行くと、「わー、良いこと聞いたな」と一気にテンションが上がって、ワクワクしますよね。

これをやったら自分はもっと成長できる!と嬉しくなって、それに関連した本を帰り道にかったりして。でも、その気持ち、1週間経っても維持できてますか?

恐らく、多くの人は、最初のテンションの維持どころか、普段の仕事や生活に忙殺されてすっかり忘れている・・なんてことも多いのではないでしょうか。

セミナーで学んだことは24時間後に1/3を忘れ、また24時間後(つまり48時間後)にはさらに1/3忘れると言われています。 せっかく良いことを学んだのに、2日後には2/3も忘れてると思うと、もったいないですよね。

学んだことを忘れないためにはどうしたら良いのでしょうか?


まずは、学んだことを誰かに伝える

via www.photo-ac.com


学んだことを忘れないためには、まず誰かに「伝える」こと。 blogをやっている人はblogに書いてもいいです。

会社で部下や同僚に話をしてもいいです。 会社によっては、セミナーの後に報告書を書かせるところもあると思います。 あれって、本当に受けたかどうか?を会社が確認する意味でやっていることが多いのですが、報告書を書かなければいけないなら、それを多いに利用しましょう。 面倒くさい!なんて言っていたらもったいない。 自分が学んだことをアウトプットするチャンスです。

誰かに伝えることで、自分自身の理解が深まります。 「どうやったらうまく伝えられるかな?」と思えば、理解しきれなかったところは、ノートを見るなりして復習しますよね。

直接、誰かに話をすると「それってどういうこと?」って聞かれますよね。 答えるときに曖昧だなと思えば、やっぱり復習しますよね。

こうやってアウトプットすることで、頭の中だけで捉えたことを自分の中に落としこんでいくのです。


実践してみる

via www.photo-ac.com


誰かに伝えただけでは、まだまだ「理解した」に過ぎません。 それを自分のものにするには、実践することが大事です。

ここを飛ばす人って本当に多いんですよね。 この過程を飛ばすとどうなるか。出来るようにならないから、また次のセミナーや講習会に行くのです。

そして、その時は「分かったつもり」になり、出来た気になるのに、実践しないからやっぱり出来ない。 出来ない自分が嫌だけど、何で出来るようになるか分からないから、また次のセミナーに行く。 これがセミナージプシーです。

「頭で理解できること」と「自分で出来ること」は全く違います。 だから、とにかくやってみることが大事。 その時は、変にアレンジを加えず、ただひたすら教えてもらったとおりにやってみること。

『鵜呑みにするのは良くない』とよく言われますが、セミナーで教わったことを自分の中に落としこむには、まず『鵜呑みにする』ことが大事ですよ。

それが出来るようになったら、自分でアレンジを加えてみるのも良いと思います。 そして、鵜呑みにしてやってみたけれど、自分には合わない、何か違うと思ったら、それは止めてしまっても良いです。

とにかく、まずは四の五の言わずにやってみる。コレが大事です。


最後の仕上げは誰かに教える


自分で実践して出来るようになったら、最後の仕上げとして、ぜひ、誰かに教えてください。

「出来る」ことと「教えられる」ことは、また違います。 教えるということは、自分自身でそれを深くまで理解していないと出来ません。 そもそも、出来ないことは教えられないですしね。

ここまでやったら、そのセミナーや勉強会で学んだことは、きっとあなたのものになっているはずです。

「頭で理解する→誰かに伝える→実践する→教える」ぜひ、このステップで新しい学びを自分のものにしてくださいね。 そして、どんどん豊かな知識と経験を増やしてください。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging