各星回りの特徴と性格

『気学』という言葉を耳にしたことがある方は、少ないかもしれません・・・。 この気学を知っていると、あなたの毎日、そして将来は大きく異なります。


前回で自分の知りたい方の“本命星“を調べられるようになったと思います。

では統計学的に見ると各星回りが、どのような性質を持っているのかを今回お話ししたいと思います!


気学において9種類に分類された一つひとつには概念があり、これを「象意(しょうい)」と言います。


各星回りの性格や来年の運勢・健康運について説明されていると思います。その基本と考えて下さいね。


九星の代表的な基本象意


一白水星:水


方位は北

季節は冬

人体は腎臓や耳など


二黒土星:大地


方位は西南

季節は晩夏から初冬

人体は胃や消化器など


三碧木星:雷


方位は東

季節は春

人体は肝臓や神経など


四緑木星:風


方位は東南

季節は晩春から初夏

人体は腸や気管支など


五黄土星:ナシ


方位は中央

季節はナシ

人体は脾臓や食中毒など


六白金星:天


方位は西北

季節は晩秋から初冬

人体は頭や血圧など


七赤金星:沢


方位は西

季節は秋

人体は肺や口腔疾患など


八白土星:山


方位は東北

季節は晩冬から初春

人体は腰や関節など


九紫火星:火


方位は南

季節は夏

人体は心臓や神経など


ここに紹介した象意は、あくまでも代表的な事象と分かりやすい“一部“のみをお伝えしました。 性格は単に9つに分類されるわけではありません。


この象意は、本命星のみであり、“大まかな性格“と把握して下さい。 本来は誕生日だけでなく、誕生月と合わせて判断した傾斜星など、種々な角度から判断されます。

また、気学においての象意は、方位をみる時、その方角に何の星が回っているかが大事な要素になりますので、その方角に、その星の性質が現れ象意に関係する事柄が起きると考えます。

そして、五黄は真中に配しているため、ナシと記載されますが、悪い訳ではないので心配しないでくださいね。


本命星の基本的な性格


【一白水星】

水の象であり、環境に馴染む柔軟さや適応性を備えています。

外柔内剛で交際上手ですが、本音を言わず用心深い面から孤独感も多い。 </