日焼け後のお肌ケア対策!~どの栄養素が必要?~

これからの季節、海にBBQ、山にキャンプと楽しいことがいっぱいという方も多いのではないのでしょうか 。しかし心配なのが紫外線!紫外線対策をしていても太陽の下で思いっきり遊んだあとは、肌へのダメージが気になるもの。そこで内側からのケアをして肌の回復をしてみましょう。

紫外線とお肌


紫外線に当たると、褐色のメラニン色素が作られます。 通常メラニン色素は有害な紫外線を吸収して、身体の組織を守る働きをします。 ところが、代謝などが乱れたりするとメラニン色素が排泄されず皮膚に沈着し、シミやそばかすとなってしまいます。

via www.photo-ac.com


ダメージを受けた肌に必要な栄養素


新陳代謝を良くしてシミ・そばかすを防いだり、日焼けしたお肌を回復するには具体的にどの栄養素が必要なのか、どのような食べ方が良いのかをお伝えしたいと思います。


ビタミンA(ベータカロテン)

via www.photo-ac.com


老化を引き起こす活性酸素を抑える働きをしてくれます。 また皮膚を健康に保つ作用があるため、美容に欠かせない栄養素の一つです。ビタミンAが多いおすすめ食品は、トマト、ニンジン、小松菜などの緑黄色野菜があります。 脂溶性ビタミンですので、油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。 炒め物にしたり、サラダにしたりして食べるのがおすすめです。


ビタミンC

via www.photo-ac.com


メラニン色素の過剰生成を抑制し、シミができるのを予防したり肌が黒くなるのを抑えたりする働きがあります。 また、肌のハリの元となるコラーゲン生成を促進する働きもあります。 緑黄色野菜、果物類に多く含まれます。 実はイモ類にも多いです。熱に弱いビタミンCですがイモ類のでんぷんによって栄養素が守られているので、加熱しても大丈夫です。 またビタミンCは2~3時間で排泄されてしまうため、一度にまとめて摂るよりもこまめに摂るほうが効率が良いですよ。 ブロッコリーなどに多く含まれる葉酸。 この栄養素も細胞の新陳代謝を促したり発育を促進する働きがあるので一緒に摂取することでより効果が高まります。


ビタミンE

via www.photo-ac.com


ビタミンEはとても抗酸化力が強い栄養素です。 そのため活性酸素を抑える働きがあります。 また血流をよくする働きがあるので、肌の新陳代謝を高めてくれたり、肌を修復してくれる働きがあります。

魚介類や緑黄色野菜、ナッツ類、植物油に多く含まれます。 ナッツ類や植物油は高エネルギーですので使う量を注意しましょう。 ビタミンCと一緒に摂ることによって相乗効果でより働きがアップします。

おすすめメニュー


~ガスパチョ~

ビタミンCやカロテンが豊富なトマトやビタミンCの多いピーマンを使用しています。 スペイン地方の料理で夏バテ対策で飲まれているそう。 冷たいスープですので夏にぴったりのお料理ですよね。

via www.ashinari.com


~小松菜の胡麻和え~

小松菜のビタミンCと胡麻のビタミンEのダブル効果が期待できます。 湯がいて和えるだけの簡単な一品です♪

via www.photo-ac.com


いかがでしたか?栄養素での日焼け対策!

これを知っていれば日焼けも怖くありません。 たくさん外で太陽を浴びた後は、しっかり栄養素を補って内側からもケアしましょう。

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト
カテゴリ一覧

follow US

スローエイジング:素敵に楽しく年を重ねるためのサイト | 35歳以上の女性に向けた“素敵に楽しく年を重ねる”ための情報を美容・健康・ライフスタイルなど様々な方向から発信するサイトです。

Copyright © 素敵に楽しく年を重ねるためのサイト-SlowAging