実践!フラワーエッセンス【トリニティフォース×ホリスティックビューティ】


1/20に、美容と心身の健康を同時に考える「ホリスティックビューティ」の概念とセルフケアの知識を普及する“NPO法人日本ホリスティックビューティ協会”と、「総合美」とは、内(健康面)、外(外見的要素)、心(性格、感情、精神状態)の3つのバランスの取れた状態であると提唱している“株式会社トリニティフォース”のコラボイベント「フラワーエッセンス入門講座」に行ってきました。



イベントタイトル:【トリニティフォース×HBA】実践!フラワーエッセンス①


イベント告知の一説で、こんな項目に心当たりがありませんか?という質問がありました。


こんなお悩みありませんか?

●イライラを制御できない

●つい無理をし過ぎる

●子育てに疲れている

●パートナーシップに悩んでいる

●人間関係で悩んでいる

●内気、引込思案、もっとオープンになりたい

●緊張しやすい、あがり症

●心配性でいつもネガティブな事を考えてしまいがち

●自分に自信が持てない


現代人の多くは、さまざまな心の問題を抱えています。

社会環境が急激に変化する中で、様々な新しい仕事や複雑な人間関係、子育てや介護などで生じるストレスから、真面目な人であればあるほど精神的に不安定となることも多いことでしょう。


うつ、不安、パニックなど。近年、メンタルヘルスの重要性は、ますます増大していてフラワーエッセンスはそのお悩みをサポートするもの。


『花の持っているエネルギーが、感情をポジティブなものへと誘導する』というフラワーエッセンス。花を見るとキレイだなと心が癒され、なんだか心が落ち着くような気がするのも花の持つ力のひとつではありますが、具体的にどんなことなのでしょう。


フラワーエッセンスって何??


アロマテラピーやハーブ療法と同様に、植物療法のうちのひとつの療法で、気分・感情・性格などメンタルに働きかけると言われています。


その起源は、古代エジプト時代までさかのぼり、心身の健康のために花についた朝露を集めて飲用していたことにはじまります。

フラワーエッセンスは、朝露そのものを再現するために花の持つエネルギー(波動)を水に転写して作られた飲むエッセンスです。


フラワーエッセンスの魅力とは?


今回開催者の株式会社トリニティフォースとは、“三位一体の力”を意味しているそうです。

それは植物療法や様々なセラピーを実践し、20余年の経験から辿り着いたフィロソフィーとのこと。

「総合美」は、人それぞれの魅力で違うものだが、誰しも「総合美」のつくられ方は心が土台にあること

トリニティーフォースが唱える総合美3

①外面:外見美、フィジカル(肉体面)

②内面:健康面

③心:メンタル(精神面)


私たちの生活の中には、“自分らしく生きる”ための重要な要素が三位一体となり、存在していると考えられています。


「自分をつくっているのは自分(の心!)」


冒頭にあげた”こんなお悩みありませんか”、について皆さんは当てはまるものはありましたか?


同じ状況下にあって問題を抱えていたとしても、その問題に対して楽天的に捉える人、またそうではなく深刻に捉えてしまう人もいます。

人それぞれ問題の捉え方は違いますが、それではその差は一体何なのでしょう?


それはすべて私たちの”心”次第。


その人自身の心の持ちようで、自ら『自分の世界』をつくり上げているのです。


そしてこの自分の心でつくり上げた世界は、やはり自分を変えることで、如何様にも変えることは可能なのです。


自分を変える4大要素

意識を変えよう!と気合いを入れてはみますが、『意識をする』ということ事態がそもそも難しく、そこから常に気持ちをキープし続けるということはよほどのメンタル強化をしないと至難の業です。


何事も、まずは「心」に意識を向けて働きかけ、意欲というものが湧かない限り物事は始まらなければ進みもしません。

簡単に言えば、欲さえあれば「意識しないと!」なんて思うことなく、自然と行動はついてくるものです。それから毎日継続的に行動することで習慣になり、ある日自分自身が変わっていることにも気づかず身についているものです。


以下、引用