スタディーセッション『重力に負けないカラダづくり』

〜B子さん30代のトレーニング編 美しい後ろ姿を目指す〜


今回のスタディーセッションは南青山骨董通りにあるパーソナルトレーニングジム“BODYPEAKS“で、実際にトレーニングを体験。

BODYPEAKSは、「整える」「鍛える」「燃やす」の3つを組み合わせて、なりたい自分にナビゲートしていくパーソナルトレーニングジム。


トレーニング担当の中野さん、ケア担当の小坂井さん、ボクササイズ担当のジュンジさんの3人が、それぞれの視点からチェックしてナビゲートしていきます。

『重力に負けないカラダづくり』をテーマに、各分野のプロたちがスローエイジング世代の女性が気になるカラダをボディメイクしていく企画です。


今回は参加メンバーB子さん30代に、実際にBODYPEAKSジムでボクササイズや整体を取り入れたフルコースを体験していただきました。




B子:今日はよろしくお願いします!


中野:普段何か運動はされていますか?


B子:それが運動という運動はしていなくて…。なかなか忙しかったり、そういう機会がなくて。学生時代からテニスをやっていて、運動は大好きなのですがもともと汗をかきづらい体質です。運動不足解消のために日頃からエスカレーターやエレベーターは使わない、歩くときは大股で速く歩くようにしています。

あとは電車内など立っている姿勢のときにお尻に力を入れています。(笑)


中野:階段を利用したり、大股で歩くことは一番手軽に日頃からできる運動として素晴らしいです。

階段を使うことで、一番落ちやすい太ももの前の筋肉が使われますし、大股で歩くことで股関節やお尻の筋肉が使われるで、ヒップアップや美脚にも繋がるので、その習慣は続けてください。

また、お尻に力を入れたり、緩めることはお尻の筋肉を日常生活やトレーニングの際にお尻を使いやすくする効果もありますので、お尻が下がらないために継続して行うことをオススメします。


前回、皆さんとお会いした際にボディチェックを行いましたが、B子さんが一番アクティブだと見受けられましたね。

ただ先程の測定の結果を見ると、体重とBMIが平均値より下回っていますね。


B子:昔から食べてもあまり身にならないようで…。


中野:体重についてはさほど気にする事はありません。それよりも筋肉量も若干少ないので、しっかり筋肉をつけるトレーニングをしましょう。30代のうちに筋肉をつけてカラダに形状記憶させる! これが30代のトレーニングに必須です。

まずはキックボクササイズで代謝を上げていきましょう!


基本のキックボクササイズ


ジュンジ:本日の内容ですが、今日は初体験なので一番重要なのは“楽しむ“ことです。“辛い“とか、“苦しい“という経験をしてしまうと長続きしませんし、なによりキックボクシングで日頃の鬱憤やストレス発散をしていただきたいと考えています。(笑)


まずは鏡を見ながらキックボクシングの基本の構えを。

ファイティングポーズは大事ですから、ここで格好良く決めてテンションを上げていきます!

それからパンチとキックの打ち方を始め、実際にミッド打ちをします。このとき、足のステップを使う事で腕と足をリズミカルに動かし脂肪燃焼をアップさせます。

現役の修斗ボクシング世界ランカーでもある猿丸ジュンジトレーナーによるボクササイズ!

B子:頭では分かっているはずなのに、腕と足の動きがバラバラになってしまいますね。

体もですが、脳も活性化されている気分です。(笑)

ジュンジ:飲み込みが早いですね!


B子:少しコツが掴めてきて楽しくなってきました!


ジュンジ:それではパンチの動作に加えて、今度はキックも入れていきましょう。




ジュンジ:B子さんは格闘技もキックボクシングも未経験と聞きましたが、体の使い方が上手くストレス発散になるというお言葉をいただけてなによりです。

最近ではボクササイズは定番になりつつあり、他所のジムでも取り入れているところも沢山ありますが、南青山で受けられるのはこのBODYPEAKSだけです。


マシーンを使った筋肉トレーニング


編集部:す、すごいマシーンですね!


中野:ですよね。多くのパーソナルトレーニングジムでは、バーベルやダンベルを用いたフリーウェイトと呼ばれるトレーニングを行っていますが、これらは中級者から上級者向けの機材でもあります。

BODYPEAKSが取り入れている